• ACA18 / ARCASIA STUDENT JAMBOREE 2018日本語

アルカジア東京大会 / 学生ジャンボリーACA18 / ARCASIA STUDENT JAMBOREE 2018

はじめに

我が国の建築や都市のデザイン、そして施工技術に対して、アセアン地域をはじめとするアジア諸国の関心は非常に高いものと考えています。一方で、今後国内建築市場の縮小が懸念される中、我が国の建築界は、急成長を遂げつつあるアジア諸国への事業展開に期待を強めています。

日本建築家協会(JIA)は、アジアにおける建築界の国際交流の促進と、我が国の「建築力」の積極的な発信を目的に、2018年9月に東京にてアジアの21の国と地域の建築家や建築関係者による「アルカジア東京大会」を開催することにいたしました。​

本大会では、環境や防災といった建築と都市にかかわる問題に対して国内外からの参加者による真剣な議論を行うほか、基調講演・シンポジウムの開催を予定しています。 また同時に、各国の指導的立場にある建築家・建築関係者が来日する機会をとらえ、我が国の「建築力」を発信する展示会、東京の最新開発プロジェクトの見学会、国際的な交流会などを計画しており、多彩な魅力にあふれたものにしたいと考えています。​

進化し続ける東京という都市を舞台とするこの大会は、海外からの参加者だけでなく、日本建築界をも刺激し活性化するものと期待しています。

大会名称アルカジア東京大会 (ACA18)
学生ジャンボリー (ARCASIA STUDENT JAMBOREE 2018)
開催期間2018年9月10日(月)ー 9月14日(金)
開催会場明治大学 駿河台キャンパス アカデミーコモン(予定)ほか東京都内施設
イベント基調講演、シンポジウム+パネルディスカッション、学生コンペ、学生ワークショップ、論文発表、アルカジア各賞受賞式、受賞作品展示、国際ネットワーキング交流会,「建築力」展示会(設計事務所/施工会社/建材会社)都市・建築プロジェクト見学会
テーマSimplicity | Multiplicity
参加団体アルカジア参加国(21ヵ国・地域の建築家協会)
参加者数参加予定者数 約1000人(うち海外からの参加者 700人)各国の指導的立場の建築家・建築関係者・将来有望な学生が参加
主催アジア建築家評議会(ARCASIA)
公益社団法人日本建築家協会

アルカジア大会とは

ACA大会は、2年ごとに開催されるARCASIAによる建築のコンファレンスです。ACA大会の魅力は、最新の建築思想の知的交流だけなく、アジア21カ国からの参加者による文化交流もひとつです。会議の主催機関は、加盟機関から選出されます。

設立

1970年第一回設立評議会を開催、1979年正式設立

委員会

  • 職能委員会
  • 社会的責任委員会
  • 環境建築委員会
  • 教育委員会
  • 次世代委員会

アルカジア大会

ACAとForumという大会を、それぞれ隔年毎に加盟国の都市で開催

ARCASIA
ARCASIA (Architects Regional Council ASIA)
ARCASIA Secretariat: IAP House, ST 1/A,
Block 2, Scheme 5, Clifton
Karachi, Pakistan.
Tel: +92-343-2948662
URL: http://www.arcasia.org/

主な目的

  • アジア地域内の加盟協会間の相互の協力・支援関係の強化、維持
  • 社会における建築家の役割に関する認識の促進
  • 社会に奉仕する建築家と建築職能の啓発、教育の促進
  • 建築環境の分野における研究と技術進歩の促進

学生ジャンボリーについて

アルカジア建築教育委員会(ACAE)の後援のもと、ARCASIA加盟国からの建築学生の大会です。学生ジャンボリーの目的は次のとおりです。

  • 才能のあるアジアの建築家の学生を促進する
  • 地域内を旅し、異なるが関連する環境の建築を自分たちと経験する
  • 地域の今後の世代の建築家の間で、お互いの国や現代の状況や問題をよりよく理解することを奨励する
  • 地域の建築学生間のネットワークの構築を奨励する
  • ARCASIAとACAEの役割や活動内容をアジアの建築学生に周知させ、アルカジアの建築家としての支援と今後の参加を促すこと
  • 学生の参加によりアルカジアの審議を活性化する

TOP